SSZ c Vans

SSZ Tadayuki Kato подилился в Instagram изображениями предстоящей коллаборации с Vans. Совместная работа на базе Vans Old School выдержана в эстетике SSZ, и выглядит винтажно.

 

Главным отличием модели стал двойной язычок, он пришит над шнурками, и перевёрнут внутренней частью наружу, демонстрируя бирку с информацией от производителя. Пара имеет кремовый верх с двумя чёрными язычками, белую подошву и чёрную кожаную вставку вокруг лодыжки.

 

Коллаб будет доступен 17 ноября в BEAMS Tokyo.

View this post on Instagram

VANSとSSZが贈る"裏VANS" OLD SKOOLバージョン その3 裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏…VANS ビームスきっての狂犬であり、ビームスメンズカジュアルのシューズ&革靴&サンダルの企画、仕入れ、全てを牛耳っている男、柴崎(この柴のおかげで、色々な取り組みが、出来ている、優しさと鋼のように硬いハートと絆を大切にしている頼もしい同士だ。)が、インスタで懐かしい写真をあげていた。 あれから3年、かれこれ3年。3年間の月日が経ちようやく、商品化することが出来たモノこそ、前回、前々回とダラダラと、書けばいいってもんじゃない長文で、うざい、ぐらいに紹介している裏VANS OLD SKOOLの他ならない。 では、仕様の続き。 裏VANS OLD SKOOLは見ての通り、シューレースの甲の部分がシュータンのパーツで覆いかぶさっている、少し不格好なルックス、違和感でしかないような、このヴィジュアル。しかしながら、この覆いかぶさっていることで、シューレースがデッキで擦れて切れづらくなっている。正直、シューレースをタンについているループに通すのは非常に面倒だが、一度。通してしまえば、そこまで面倒ではないようなぁ。そういえば、実際に買ったことは無いが、エアウォークのディザスター、リーボックのエイリアンストンパーのベロクロでバサァーと足の甲を包む感じは、足を骨折した時の履いていたサンダルを思わせてくれるようで、嫌いではなく、むしろ好きかもしれない。この裏VANS OLD SKOOLは、このシュータンがどうしても癖が、問題があった、逆に言えば、このシュータンとシューレースの通し方を自分なりに、自分のスタイルで通してくれれば、自分の履き方が出来るはずだ。実際に手に取って、紐を通して頂けたら、、、宜しくお願い致します #vans #裏vans #ssz #beamssurfandsk8 #2018年11月17日発売 ・ 【販売規約】 ・お一人様 1点のみの購入とさせて頂きます。 購入の際に下記の顔写真付き身分証明書のいずれか1点ご提示をお願い致します。※コピー及び写真での呈示、有効期限切れの物は無効となります。 【(1) 免許証 (2)パスポート (3)学生証 (4)社員証】 上記の弊社が定めた4つの顔写真付き身分証明書のいずれかをご提示頂きます。お持ちでない方に関しましては例外として、顔写真付きの障がい者手帳、マイナンバーカードのいずれかの提示も可と致します。住民基本台帳カードは不可となります。 ・ 注意事項 ・深夜から並ぶなど近隣の迷惑になる行為はお控えください。 ・入荷点数、在庫点数のお問い合わせはお答え致しておりません。 ・店内外に関わらず、金品の受け渡し、キャッチ行為が見受けられた際は、販売をお断りさせて頂きます。 ・BEAMS CLUB カードの流用はお断りさせて頂きます。 ・販売に関するお客様間のトラブルに関しましては、当社はその一切の責任を負いかねます。 ・当日、スタッフの案内に従っていただけない場合は販売をお断りする場合がございます。 ・ご購入後、お客様のご都合による返品交換は致しかねます。商品不良があった際は代替えのご用意がございません。ご返金のみの対応とさせて頂きます事、予めご了承下さい。 ・ 上記販売方法およびルールは、事情により当日やむを得ず変更する可能性もございます。予めご了承下さい。

A post shared by tadayuki kato 加藤 忠幸 (@katoyasai) on

white magazine